子育て

【3歳〜】虹色のヘビのレビュー。1番長いヘビを作れるのは誰だ!?【カードゲーム】

Amigo社のカードゲーム虹色のヘビ(Regenbogen schlange)の評価についてお話していきます。

3歳から遊べる気軽に遊べるカードゲームは?小さい子向けのゲームの種類が少なくて、なかなか見つからない!

そんなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

こちらの条件を満たすのがこちらドイツAmigo社の「虹色のヘビ」です。

「虹色のヘビ」は蛇の頭、身体、しっぽのカードを使って長いヘビを作っていき、1番長いヘビを作るために競争するゲームです。

けびん
つなげて伸ばして競い合う、子どもと一緒でも燃えるゲームです!

本記事ではAmigo社の虹色のヘビについてお話ししていきます。

虹色のヘビの外観と内容物

虹色のヘビとは、カラフルなヘビの絵柄が特徴的な、最大4人まで遊べるカードゲームです。

Amigo社は、カードゲームを中心に制作するドイツの会社です。

その中でも虹色のヘビは、他のカードゲームよりも小さい世代向けに設計されているゲームです。

実際に娘と遊んでみましたが、3歳から十分楽しむことができますよ。

また虹色のヘビの内容物は以下の通りです。

【3歳〜】虹色のヘビのレビュー。1番長いヘビを作れるのは誰だ!?【カードゲーム】

内容物

  • ヘビの頭のカード 6枚
  • ヘビの体のカード 36枚
  • ヘビのしっぽのカード 6枚
  • 虹色の頭、しっぽ 2枚
  • 合計 50枚

青、赤、黄色、緑、紫、オレンジの6色が基本色であり、同じ色同士をつなぎ合わせられるルールとなっています。

また虹色の頭としっぽが1枚ずつ入っています。

虹色のカードは、どの色にもなれるカードのため、勝負どころで出てきた場合には一気に長いヘビを完成させるチャンスです。

けびん
シンプルでわかりやすいルールです!

虹色のヘビの遊び方と遊んだ感想

遊び方は以下の通り。

step
1
順番にヘビを並べていく

順番に山からカードを1枚ずつ引き、ヘビの体を並べていきます。

山から引いたヘビのお腹(体)、頭かしっぽの絵の色が場に出ているカードと同じ色なら、つなぐことができます。

頭と体、しっぽをつなぎ合わせていき、ヘビを完成させます。

step
2
ヘビを完成させたら、ポイントゲット

ヘビを完成させたら、そのヘビをもらうことができます。カードの枚数がポイントになります。

たくさんヘビのカードを手元に回収できた人が勝ちです。

けびん
1番長いヘビを作った人が勝ち、など独自ルールをつくるのもアリですよ!

ルールを極力シンプルにすれば、3歳の娘でも十分遊べました。

運の要素が強いので、本気でやってもパパが負ける時は負けます。

わざと手を抜く必要もないので、本気でやりあって家族や友人で盛り上がりましょう。

けびん
ヘビのカード、楽しい!パパに勝てた!

と娘も楽しそう。

長いヘビを作れた時、虹色のカードをうまく使えた時、などは特に燃えていますね。

まとめ:ヘビをつなげて長く伸ばそう!

今回は「【3歳〜】虹色のヘビのレビュー。1番長いヘビを作れるのは誰だ!?【カードゲーム】」というタイトルでお話ししてきました。

虹色のヘビは、低年齢から気軽に遊べるカードゲームです。運要素が強く、コツなどなく楽しく遊べます。

けびん
忙しいご家族でも、たまにはみんなで集まってカードを囲んでみてはいかがですか。
関連記事
【3歳〜】パカパカお馬は人生初めてのすごろくとしておすすめ。【HABA】

続きを見る

関連記事
こどもちゃれんじEnglishを2年間続けてきた感想
こどもちゃれんじEnglishを2年間続けてきた感想【子どもの英語力アップ!】

続きを見る

  • この記事を書いた人

けびん

30代4人家族のサラリーマンが、おすすめのグッズや子育てに関すること、ブログ運営に関すること等を記録し発信していきます。 工場勤めの狭くなりがちな視点を拡げようと、読書・勉強好きからブログ好きに発展。学び続けること、家族と穏やかな時間を過ごすことに重きを置いています。■詳しいプロフィールはこちら

-子育て

© 2020 けびろぐ