旅・レジャー

【柚子のあぜ道 雨乞いのかえる評価】仙台南の古民家で家族や友人とのんびり宿泊【注意点・周辺観光】

柚子のあぜ道

どうも、けびんです。

2019年の春に宮城県仙台南の古民家「柚子のあぜ道 雨乞いのカエル」に宿泊してきました。

小さいこどもたちがいる家庭だと、旅館やホテルの狭いお部屋では駆け回れずに不服そうにしてしまいますよね。

広い部屋ほどお高く付きますし。

またお友だち家族などの複数の家族とお酒を交わしたくても、子どもがいるので時間を気にせずごはんやつまみを楽しむのは難しいですよね。

広々していてこどもたちが騒げる、また大人も街中の喧騒から離れて田舎で落ち着いて話ができる宿泊先があったらいいなと。

こちらの条件を満たしてくれるのがこの「柚子のあぜ道 雨乞いのカエル」です。

ゆずのあぜ道雨乞いのかえる

「柚子のあぜ道 雨乞いのカエル」は、内装を整えた古民家を一棟貸しで泊まれる宿泊施設なのです。

けびん

しかも値段は一泊一棟35,000円(夕朝食代別)で、人数が多いほどお得です!

本記事では、「柚子のあぜ道 雨乞いのカエル」について書いていきます。

サークル合宿など団体利用もできる宿泊施設の魅力をお伝えします!

柚子のあぜ道雨乞いのカエルの写真

まずは写真をご覧ください。

プロ撮影の公式ホームページの写真が良い感じですが、飾り気無いわたしの写真をお送ります。

まさにのどかな景色を堪能できます。

ゆずのあぜ道全景

この大きな3階建ての一軒家が一棟まるっと借りられます。

 

ゆずのあぜ道 部屋

1階の部屋の一部です。昼間はコタツ入りながらお酒飲んでました。

ゆずのあぜ道2階

2階の和室です。1階にも敷けますが、2階にも無数に布団を敷くことができる広さ。

ゆずのあぜ道3F

3階にあたる屋根裏部屋です。夜中はおしゃれな空間で軽く一杯いかがでしょうか。

 

柚子のあぜ道 雨乞いのカエルとは?

ふるさとライフを楽しめる古民家「柚子のあぜ道 雨乞いのかえる」の情報を整理します。

場所

宮城県柴田町にあります。

仙台南に位置しており、仙台駅からでも車で40分ほどとそこまで遠くありません。

もちろん国道から少し外れた田舎ですので、車は必須ですよ!

宿泊料金

一棟一泊35,000円ですので、多く誘えば誘うほど一人当たりの値段はお安くなります。

お食事

夕ご飯、朝ご飯を別料金でつけることができます。

この日は肌寒い日だったからか、夜は鍋でした。

濃い目の豆乳スープは、薬味も合わせると非常においしかったですよ。

〆のうどんもしっかりいただきました。

食事

豆乳しゃぶしゃぶ鍋が夕ご飯でした。とてもおいしかった!

施設とアメニティ

古民家といえども、水回りはかなりきれいにリフォームされています。

トイレはもちろん水洗ウォシュレットであり、お風呂は昔は火で焚いていたのでしょうけども一般家庭と同様のガス焚きです。

歯ブラシやバスタオルも用意してあるので、必要なのはパジャマだけですね。

古民家の難点はコンビニが遠いこと(車で10分ほど)ですので、お酒とおつまみは多めに持って行って夜出歩かなくて済むようにしましょう。

古民家のいいところ

自動車の音がほとんどしない場所ですので、鳥のさえずりを聴きながらのんびりしましょう。

近くに太陽光パネルがあるのが若干のマイナスポイントですが。。

古民家前の景色

基本畑しか見えないのどかな雰囲気です。

 

囲炉裏

囲炉裏も楽しめるようになっています。自由に使っていいそうですよ。

食事の時には8人掛けのテーブルで食卓を囲んで談話できますが、囲炉裏ものんびり一杯やるには良いスペースですね。

平泉成

食事の部屋に飾ってありました。ロケ地になるほど風情があるってことですね。

 

仙台南のおすすめの周辺観光

ゆずのあぜ道雨乞いのかえるに寄る前または後には、周辺観光として白石城をおすすめします。

白石城

宮城県でこのように城郭が残っているのはここだけです。

そこそこ見ごたえがありますよ。

天守閣の景色

天守閣から見渡せる城内の景色が良いです。

城門や城内の手入れがなされているので、落ち着きます。

まとめ

旅に行くたびに人混みに疲れてしまう人、広い部屋でのんびりしたい人、田舎の静かな雰囲気で知人と語り合いたい人、それぞれにとって良い宿泊宿だと思います。

ぜひとも活用してみてください。

≫柚子のあぜ道 雨乞いのかえる 公式ホームページ

  • この記事を書いた人

けびん

30代4人家族のサラリーマンが、おすすめのグッズや子育てに関すること、ブログ運営に関すること等を記録し発信していきます。 工場勤めの狭くなりがちな視点を拡げようと、読書・勉強好きからブログ好きに発展。学び続けること、家族と穏やかな時間を過ごすことに重きを置いています。■詳しいプロフィールはこちら

-旅・レジャー

© 2020 けびろぐ